5年先の企業の成長度合を予想して株を買うのが良い、

これまで株をやってきた経験上次のような株の買い方が良さそうだ。

10年先を予想することは難しいが、5年先を予想することはだいたいできます。

その成長度合いと現在のPERを見て、株価が上がりそうな株を買うのが良いのではないでしょうか。

短期は、損期。 少なくとも6カ月間は、保有しよう

株式投資で、以前買っていてなかなか上がらなくて処分した銘柄を時々チェックすることがある。
すると、大概トピックス以上に上がっている。

これらの株を買うときには、調査して成長性やPERが低いなど良い内容であった。

しかし、実際には株価が停滞したり少し下がったりした。
そこで、しびれを切らして売却処分としたわけです。

実際は、それからしばらくしてぐいぐい上がってきて、今では手が出ない株価になってしまっています。

何が悪いのか、そう「短期は、損期」です。
株価がすぐに反応しないからと、損切ったのです。
しかし、儲けを切ってしまったわけです。
もっと自分の調査を信じて待つべきでした。

安易に株価が上がらないからといって撤退すると損をします。
調査内容と違った銘柄の状況が出ない限りは、撤退すべきではないのです。
じっと待ちましょう。

短期は、損期です。
少なくとも6カ月は、保有しよう

簡単に儲けたお金は、利息を付けて簡単に出て行く

「損をするのはあっという間だが、儲けるには時間がかかる」という話をしたが、その際に私がこのとおりだったと話したところです。
http://ooyasuru.blog.fc2.com/blog-entry-386.html

空売りをしていて一時は、500万円くらい儲けていました。
欲を出して投資額を更に増やしていました。

そしたら、株価が上がり始め、黒字から赤字に変わり、更に赤字がどんどん増えていきました。
そして、自己破産の可能性も見えてきたので、思い切って投げました。
ドカーンと1千万程度の大損です。

パチンコやスロットでよくありますよね、こんなことが。

「簡単に儲けたお金は、利息を付けて簡単に出て行く」ことを肝に銘じておきましょう。

株の購入のタイミングが分からない時は、定期的に買うのが良い

株は安くなったら買えば良いと言われている。

しかし、いつがその時か分かりません。
また、下げ相場では更に下げそうでとても株を買うのが恐ろしくてできません。
リーターリンチは、「株式投資の法則」47ページで「おびえて株式から逃げない最善の方法は、定期的に買うことです」と言っている。

株の購入のタイミングが分からない時は、定期的に買うのが良い。

損をするのはあっという間だが、儲けるには時間がかかるので、慎重に投資をしましょう。

ピーターリンチの株式投資の法則34ページに「損をするのはあっという間だが、儲けるには時間がかかる」という記述がある。
確かに、私がこのとおりだった。

株をする人は、常にこの言葉を忘れてはいけない。
あっという間に大損する典型的なのは①現物・信用2階建て(現物と信用と両方で一つの銘柄を買う)です。
②が、空売り青天井で、空売りは信用でしかできないので投信金額の感覚が分からず能力以上の投資を行がちです。
どちらも、地雷を踏んで大損や自己破産という道を歩むことになります。

だから、あっというまに損をしても、大損にならないよう注意しなければいけません。
そのため、①一番良い方法は、現物の範囲内で更に損を許容できるだけの購入額にするととがです。
次に、②銘柄をいくつかに分散しておくことです。

「損をするのはあっという間だが、儲けるには時間がかかる。」ということを頭に入れて、慎重に投資をしましょう。

保有株よりを良い株があったら入れ替えましょう。

株のスクリーニングをしていたら良さそうな株が見つかりました。
ちょっとリスクがあるかもしれませんがリターンも大きそうです。
また、保有株を見直し50万円ほど売却し40万円ほど買い増しました。

保有株の内訳は、3銘柄で180万円と110万円と50万円の合計340万円です。
スクリーニングしていたら、良さそうな株がありました。
リスクは少しありそうですがリターンもありそうです。
それで、思い切って110万円ほど買いました。

保有株の動きが良くないのがあるのでそれを50万円ほどうり、動きが良いのを40万円ほど買い増しました。

保有株は、3銘柄で180万円と110万円と50万円の計340万円です。

保有株よりを良い株があったら入れ替えましょう。

投資銘柄の選択根拠は、十分に検討し、銘柄が不適当だったら入れ替えましょう

今日、1銘柄を処分しました。

この会社は、成長が期待できると思って買いました。
しかし、良く検討してみたら、この会社はあまり成長が見込めませんし、そして特に割安でもありません。

あまり成長が見込めない株に投資しても、リスクとリターンの関係で不利です。

そういうことで、投資銘柄の選択根拠は、十分に検討しましょう。
そして不適当だったら、銘柄を入れ替えましょう。

4月株式投資結果

4月株式投資結果
ー58,000円(ー0.8%)

月末現在の株式投資額
①日本株 現物3銘柄約313万円 。アメリカ株なし。信用なし
合計投資額 約301万円
②含み益11万 円
③未投資額 約331万円
④投資率 46.8%
合計  約 643万円

通産損益  2015年7月750万円で開始(1年9カ月経過、21か月、21÷12年=1.75年)
損益額:ー107万円
損益率:-14.4%
年利換算:-8.2%

感想
今月は若干損失が出た。
成長候補が10%くらい下げたことが主な原因だ。
日本株式市場は+1.3%(トピックス)で自分の成績がー0.8%なので、ー2.1%のアンダーだった。

まだ、ポジションを小さくとっています。
先月と同じく、今後も大きな売買はせずに堅実に行ってみようと思っています。

成長株は、安易に手放してはいけない。株価が上がって買い戻せなくなります。

成長株だったアメリカの株(約200万円相当)をトランプ大統領が信頼できないという理由で10%の儲けで処分しました。
http://ooyasuru.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

ところが、好業績で更に10%値上がりしました。
20万円の儲けそこないです。

バフェッが、いい株は死ぬまで持っていると言ってました。
浅はかでした。
こうなると高くて買戻しできません。

くれぐれも、成長株は、安易に手放してはいけません。

株で損をしたくないと思ったら、株の売買内容をエクセルで記録しておくことです。簡単なことです。

株の売買の銘柄、株価、株数、購入総額、損益額、購入理由、売却理由、損失理由は、エクセル等で必ず記録しておかなければいけない。
これがなければ損失の原因を把握できない。
損失原因を把握できなければ、同じ損失を何度も繰り返すことになる。
これは、浪費で、投資ではない。

株式投資を行って損を出したくないと思う者は、必ず株の売買内容をエクセル等で記録しておかなければいけない。
簡単なことです。
誰でもできます。
プロフィール

個人

Author:個人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR